istutのモニンゲコーヒー

東京荻窪にある小さなカフェの小さなブログ

今年の「ヤタラ」も、やたらに美味しかった。

筍とワカメと絹サヤの煮物。

たっぷりキャベツとパプリカの回鍋肉。

コゴミのお浸し。

茹でアスパラ。

づけマグロの山かけ。

野ブキの煮つけ。

セリのお浸し。

大根と厚揚げと鶏手羽のピリ辛煮。

ジャガイモと玉ねぎとシメジの味噌汁。

もずくとキュウリとタコの酢の物。

アスパラとタマゴのオイスターソース炒め。

焼きタラコと信州米のおにぎり。

やたらに細かい「ヤタラ」。

 

※「ヤタラ」は長野北信地区の郷土料理。

ナス、茗荷、キュウリ、味噌づけの大根を、

「やたら」に細かく切った後、揉みこむ。

 

義理の母親が作ってくれた、

丁寧で、心のこもった食事。

 

土井先生!

夫の母、すごいです!

 

ということで、

これだけ郷土料理が美味しいのだから、

Airbnb」みたいな民泊のホストになってはどうかと、

さりげなく勧めてみたところ、

即答で、

「絶対にヤダ!ジョーダンじゃないよ!」。

と、バッサリ・・・笑。