istutのモニンゲコーヒー

東京荻窪にある小さなカフェの小さなブログ

あつさむい。

夫には、

謎のオリジナルワードが多い。

 

その代表的なものに、

「あつさむい」

という言葉がある。

 

長く一緒に暮らしてきて、

何度、この言葉を聞かされてきたことか。

 

「なんだか、あつさむい」

「ねー、あつさむい」

「あつさむくてダメだー」

 

暑くて、寒い、ということらしいのだけれど、

最初は、どちらが辛いのかが分からなくて、

「暑いの?寒いの?」といちいち聞いていた。

 

そうすると必ず、

「どっちも」

と答えるので、

「ふーん」で終わってしまう。

 

そして、今、

気が付けば、

わたしも普通に使ってしまっているではないか。

なんだか、悔しい。

 

今の季節は、

暖かい日と冷え込む日が混ぜ混ぜになって、

メニューを考えるのがとても難しい。

 

でも、

夫曰く、

こういう季節のことは

「あつさむい」とは言わないらしい。

 

謎の持論を説明する夫。

それに「ふーん」と答えるわたし。

 

広告を非表示にする