istutのモニンゲコーヒー

東京荻窪にある小さなカフェの小さなブログ

虹とスニーカーの頃

チューリップの「虹とスニーカーの頃」を知ったのは、

小学生の終わり頃だった。

 

「くま」という、当時の親友に教えてもらって、

なんて素敵な曲なんだろうと、

あの頃、自分より遥かに大人だった「くま」にドキドキした。

 

もちろん、あの頃は、

この曲の本当の意味は分からなかったけれども、

その本当の意味を分かってしまった今も、とても好きな曲。

 

そーいえば、

結婚15周年の1月2日に、

ふたりで久しぶりにスニーカーを買った。

 

最近、新しいモノを、

全く買わなくなったふたりにとっては、

ものすごーく久しぶりの買い物だった。

 

その時、

ふいに、

「くま」に教えてもらったチューリップの唄が頭に流れた。

 

「わがままは男の罪、それを許さないのは女の罪」

 

うん。

 

「わがままは男の罪、それを許さないのは女の罪 」

 

そーなのよ。