istutのモニンゲコーヒー

東京荻窪にある小さなカフェの小さなブログ

スペイン語が話せた頃の自分

30歳の時、

スペインに短期留学をしたことをきっかけに、

その後も1年に一度はスペインに行き、

スペイン以外の国でも、スペイン語で過ごすことには慣れていた。

 

もっと遡ると、

26歳の時、サモアに1年間住んでいたことをきっかけに、

サモア第二外国語が英語)

帰国後も外資系会社でお仕事をしていて、

英語を話す環境には慣れていた。

 

ところが、

スペイン語圏の国を最後に訪れたのは、

すでに7年前。

 

英語圏の国も、今年は行けていない。

 

なんだか、

自分の語学力が、どんどん衰えていっている気がする。

(もともと、さほどのものではないのだけれど、、笑)

 

焦るー。

うーん。

根っからの貧乏性なので、

なぜか、

もったいないような気になるー。